就労継続支援A型 フロンティア 兵庫県 赤穂市 ラスク 給湯器解体 分別 清掃

就労継続支援A型事業所 フロンティア お電話でのお問い合わせ
ホーム 事業所紹介 ご利用の流れ 余暇活動 お問い合わせ

余暇活動

ホーム>余暇活動

フロンティアのイベント活動についてご紹介します!!

イベント

待望のインパクトドライバーで初作業

この度、公益財団法人神戸やまぶき財団様のご助成頂き、小型家電、パソコン等の解体に使用する、インパクトドライバーを15台購入しました。
この日、初めて使用した利用者は、「うわっ!すごい力がある。これは、早いわ。でも、しっかりとネジ穴にビットを入れないとネジ壊してしまうな。集中してやらなあかんわ。」と申してます。

普通の電動ドライバーでは、回すことが出来なかったネジがスムーズに回り、はずすことが出来ます。錆びついたようなネジが、容易にはずすことが出来るようになり、解体速度も速くなります。しかも、これまで以上に集中して作業に取り組むようになるので、訓練の成果も上がるものと、大きな期待を持っています。
これからも、作業環境の整備を進め、「誰もが笑顔で働けるフロンティア」として、邁進していきます。

遅くなりましたが、公益財団神戸やまぶき財団様誠に有難うございました。
有意義に、大事に使用いたします。

平成24年フロンティア祭
西播磨最大のお祭り「フロンティア祭」。 決して私達「フロンティア」が主催するお祭りではありません。 フロンティアは「ラスク」と「備前焼」を販売。各地のゆるきゃキャラとの記念撮影を楽しんでいます。
平成24年義士祭
赤穂市の最大のイベント「義士祭」。

フロンティアもお城前通りでラスクを販売しています。
平成24年度消防訓練
平成24年お花見
平成25年フロンティア祭
平成25年初詣 大石神社にて
「大願成就」の大石神社。 職員、利用者全員で初詣。「皆の身体健全」と「商売繁盛」を祈ります。
平成27年1月5日 大石神社へ初詣
フロンティア恒例となりました、大石神社へ初詣に行きました。
皆が健康で一年間仕事に従事出来、フロンティアが更に発展するよう祈願致しました。
平成27年2月10日 恒例の消防訓練実施
冬は、1年中で一番火災の多いシーズンです。
私たちフロンティアも、十分に「火の始末」については注意してはおりますが、用心には用心を重ね、毎年この冬に消防訓練を実施しています。
2階の台所から出火。「火事だ〜!2階の台所が火事だ〜!」の叫びと共に、作業を中断し、一目散に1階に降り、全員の無事を確認しました。赤穂消防の職員さんからも、スムーズに避難でき「上出来です。」と及第点を頂きました。訓練の後、火事の折の心構えなどをお聞かせいただき、意義のある訓練になりました。
しかし、何にもまして、火事を出さないようにする事が一番肝要です。職場だけでなく、家庭でも火事には十分注意しましょう!
平成27年5月10日 赤穂精華園祭でラスクと備前焼を販売
5月10日絶好のイベント日和に恵まれ、赤穂精華園祭が行われ、フロンティアも「ラスクと備前焼の販売」で頑張りました。兵庫県のマスコットキャラ「はばタン」と赤穂の「陣太くん」も激励に駆けつけてくれ、記念写真を撮りました。お陰様で、持参したラスクは早々に完売し、午後からは備前焼の「ビールコップ」や「箸置き」、「お水を浄化する備前焼玉」等に力を入れました。
5月は16日、17日が赤穂の城南公園で「花と緑のフェスティバル」、31日は播磨路に夏の訪れを告げる「相生ペーロン祭」が行われ、フロンティアも参加します。
We can do!  フロンティア頑張っています。
NHK厚生文化事業団の支援金で待望のフォークリフトを購入
NHK厚生文化事業団 地域福祉を支援する「わかば基金」に、小型家電の解体作業所で使用する、中古フォークリフトの支援金申請をしておりました処、6月15日付で支援してもらえることが決定しました。全国から264件の応募があり、今回、13団体が支援されることになり、フロンティアもめでたくその13団体に入りました。久しぶりの「吉報」に利用者の皆さんと大いに喜びました。早速に中古フォークリフトを発注しましたが、なかなか中古ではいいものがなかったのですが、業者さんのご協力で、支援金の中で新車フォークリフトが購入でき、9月18日無事納車されました。本当に感謝感激です。これまで大家さんに無理を言い必要な時にフォークリフトをお借りしていたのですが、これで自由に解体物の移動もできるようになり。作業効率もアップすることでしょうし、狭い作業所を安全に有効に活用できます。この感激、感謝を忘れることなく、「天職」である解体の仕事を更に誇りを持ち「リサイクル=宝の創出」に努めて参りたいと考えています。
NHK厚生文化事業団さん本当に有難うございます。
2tトラックを助成金で購入
公益財団法人森村豊明会に中古の2tトラック助成金申請をしていところ、去る9月17日付けで採択が決定し、10月27日に待望の2tトラックが納車されました。これまでは必要な時に色々な人からお借りしていたのですが、これで自前のトラックで気を使わずに使用できます。
両ドアには法人名と森村豊明会の名前を入れ、運転にも自覚と責任を持たねばなりません(当然ですが!)
早速に、「フルーツキャップ」、「小型家電解体物」を搬送しました。ディーゼルエンジンとは思えないような滑らかな回転で、坂道もストレスを感じることなく、後続車に迷惑をおかけすることもなく、安全運転に専念出来ました。
今後、発泡スチロールの再生事業が本格化すると、毎日このトラックで回収に回ることになります。
フロンティアの貴重な財産がまたひとつ増えました。大切に末永く使用し、フロンティアの更なる発展に結び付けたいと、職員、利用者共に士気が上がっています。また、職場環境の改善にも更に努めて参ります。
公益財団法人森村豊明会さん誠に有難うございました。心より感謝申し上げます。
赤穂民報1月16日号でフロンティアが紹介されました
昨年9月にNHK厚生文化事業団「わかば基金」で購入したフォークリフトの記事が、地元の「赤穂民報」(28年1月16日版)で紹介されました。
赤穂では、毎週土曜日に日刊紙に織り込まれており、赤穂の色々な情報が掲載されていて、根強い購読者がいらっしゃいます。早速に、数件電話で激励のお電話も頂きました。
平成28年を気持ちよくスタートしました。「飛躍の申年」とすべく、フロンティア一丸で頑張ります。
色々な生産活動に取り組んでいます!

久方ぶりの更新です。
フロンティアも設立から間もなく5年を迎えようとしています。
利用者も、知的、精神、身体、発達と色々な障がいを持つ人と契約を結び、現在、29名となりました。本当に大所帯となりましたが、更に今月中には2名と契約を結ぶ予定です。
皆さんいつも笑顔で、一生懸命に与えられた仕事に取り組んでおります。
仕事内容を写真で紹介します。


(1)のぼり旗、タペストリー等を畳んで、
出荷できるように袋入れをしています。

(2)空き缶、ペットボトルの仕分け、ラベルはがし。

(3)発砲スチロールをスーパー等から回収してきて、
再生専用機に投入し、インゴットにし、出荷します。

上記以外に、ラスク製造、パソコン関連部品、レジスター、パチンコ台の解体・分別を行っています。 この解体・分別は、障がいを持つ人にとって、正に「天職」と言えるものと思います。更に、力を入れて取り組んでいます。

それぞれの特性に応じた仕事に取り組み、一般就労を目指し、みんな「We   can  do!」を合言葉に頑張っています。

 
メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
 
特定非営利活動法人
フロンティア

 

〒678-0239
兵庫県赤穂市加里屋1096-28
TEL:0791-43-2255
FAX:0791-43-2220
ホーム事業所紹介ご利用の流れ余暇活動お問い合わせ
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ