国の障がい者雇用率1.22%(; ・`д・´)

フロンティア

0791-43-2255

〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋1096-28

受付時間 8:30~17:30 定休日 日曜日

国の障がい者雇用率1.22%(; ・`д・´)

スタッフブログ

2018/12/26 国の障がい者雇用率1.22%(; ・`д・´)

これまでも、このブログで再三取り上げてきた、

国の障がい者雇用率について、昨日のニュースによると、

何と1.22%だとの事です。

法律で義務付けられている障がい者雇用率は2.5%ですから、

半分以下の数字です。

これには、正直驚きました。

約3900人分もの雇用人数が不足していたのです。

一般企業には、法律を遵守しろと厳命する、

役所自らが、法律違反する。

何と言うことでしょうか!!

一般企業が、この雇用率を達成していなければ、

「障がい者雇用納付金」が課せられます。

まさか、国がそうした納付金を支払っているとは想像できませんが、

余りにも片手落ちの制度と言っても過言ではありません。

そう思うのは、私一人では無いと思います。

また、一般企業であれば、

当然、会社として、または、

総務を担当する責任者は何らかの責任を問われると思いますが、

国においてはそうした話は聞きません。

自分たちが法律を守らなくても、

その責任の所在が明らかにされないまま今日に至っているのは、

責任を取らないという事なのでしょう!

年金問題にしてもしかりです。

そのような事では、国民は、不信感を持つことになるのでしょう。

その信頼回復の為にもしっかりと責任の所在を明らかにし、

法律違反すれば、国とて責任を取らなければならない、

先例として頂きたいと思います。

国は、来年中に4000人の障がい者雇用を実現すると申しています。

責任もって取り組んでいただきたいものです。

ただ、短期間の採用とかで、ごまかすのではなく、

しっかりと長期的な視点で、

恒久的な制度として整備しなければなりません。

私たち国民も、しっかりと見続けて行く必要があります。

マスコミの皆さん、事あるごとに障がい者の雇用問題を取り上げて下さい。

お願いいたします。<m(__)m>

その中で、就労継続支援で一生懸命に就労訓練を受けている様子。

そして、一般就労に結びついた事例。

就労継続支援事業所ではどんな訓練をしているか。

等々就労訓練の現場も取り上げて下さい。

広く国民が知る事で、

今は、障がい者の就労に関心ない人も、

やがて関心を持つようになり、

しいては、ハンディある人に対し、全ての人に対し、

優しい街づくり、地域づくりに結びつくのではないかと期待します。

 

私たち就労継続支援A型フロンティアは29日からお休みに入り、

年明けは4日から就労訓練を始めます。

一般企業さんに比べれば、早くから始動する事になりますが、

就労訓練を受ける意欲を削ぐことは決してしてはならず、

出来るだけ正月休みを短くしています。

 

国の機関で就労する事は難しいが、

私たち就労継続支援A型で、是非働きたいと希望される方!

お住いの市役所障害福祉係、もしくは、最寄りのハローワークにご相談ください。

丁寧に就労相談に乗って頂けます。

そして、身近にある就労継続支援A型施設を紹介して頂けると思います。

Let’s  Try!です!

 

We can do!

 

きっと明るい、 そして、もっと輝く、みんなの未来

就労継続支援A型フロンティア
電話番号 0791-43-2255
放課後等デイサービスきっと・もっと・みらい
電話番号 0791-56-8777
mail frontier1201@mx41.tiki.ne.jp
住所 〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋1096-28
受付時間 8:30~17:30
定休日 日曜日
※見学・体験ご希望の方、お気軽にお電話もしくはメール下さい。
Let’s try!

TOP